セミナー情報

中小企業経営者のための事業承継対策セミナー

開催日
平成29年12月08日(月) 14:00~17:00
場所
神戸クリスタルタワー
講師
第1部 「経営のバトンタッチ!~知っておきたい事業承継の心得とノウハウ~」
 副田公認会計士事務所 代表 公認会計士・税理士・FP 副田 正之 氏
第2部 「中小企業の事業承継・引継ぎの現状と対策」
   中小企業事業引継ぎ支援全国本部 事業引継ぎ支援プロジェクトマネージャー
                              森下 正次 氏
第3部 ①「日本政策金融公庫の事業引継ぎ支援メニューのご案内」
     株式会社日本政策金融公庫 神戸創業支援センター 所長 中塚 博和 氏
参加費
無料
定員
40(先着順)
お問合わせ先
078-367-2010(神戸商工会議所 経営支援センター)
お申込み方法
申し込みフォームよりお申込みください。
内容

本セミナーでは、事業承継の概要や税制面でのポイント等について、専門家が実例をもとに分かりやすく解説します。また、親族内承継と第三者承継の現状等についても説明する他、事業引継ぎで活用できる支援策等をご紹介します。

団塊の世代(1947年~49年生まれ)は2020年には70歳を超え、今後5年から10年の間に多くの中小企業経営者が引退時期を迎えようとしている。また、60歳以上の経営者のうち、約5割が廃業を予定しており、そのうち後継者不在によるものが3割を占めている。

こうした中、会員中小企業の円滑な事業承継を支援するため、経営者や後継者等を対象に「事業承継対策セミナー」を開催した。

初めに、副田公認会計士事務所代表・公認会計士・税理士の副田正之氏より、「経営のバトンタッチ!~知っておきたい事業承継の心得とノウハウ~」と題して、事業承継の種類毎のメリット・デメリットや進め方、事例紹介等について説明を聞いた。副田氏は、事業承継に向けては「①準備の必要性の認識」「②経営状況・課題の把握(見える化)」「③経営改善(磨き上げ)」「④事業承継計画策定や他社とのマッチングの実施」「⑤事業承継・M&Aの実行」と5つのステップがあることを紹介。「事業承継には3〜10年の準備期間が必要と言われている。専門家に相談し、早め早めに準備を進めることが重要」と強調した。

 

第2部では、中小企業事業引継ぎ支援全国本部プロジェクトマネージャーの森下正次氏より、「中小企業の事業承継・引継ぎの現状と対策」と題して説明を聞いた。森下氏は、「全国の事業引継ぎ支援センターでは、秘密厳守・無料(外部専門家を利用する場合は有料)で相談を受け付け、アドバイスやM&Aの支援を行っている」と説明し、同センターの利用を呼び掛けた。

 

第3部では、日本政策金融公庫神戸創業支援センター所長の中塚博和氏より、同社の事業承継を支援する融資制度「事業承継・集約・活性化支援資金」について説明を聞いた後、兵庫県事業引継ぎ支援センターの概要、支援事例を説明した。

 

参加者からは、「事業承継計画をできるだけ早く作成すべきだと感じた」「M&Aは中小企業においても選択肢の一つになる」といった声が聞かれた。(参加者49名)

この記事をシェアする